Kimpa Life

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kimpa Life キンパライフ

趣味のカメラやDIYを中心に、こだわりのあるシンプルライフを充実させていくブログです。

コーヒーが好き☆我が家の美味しいコーヒーの入れ方

f:id:kimparatoru:20160527234948j:plain

朝、会社に行くその前にコーヒーを入れることが習慣になっています。ルーティンというやつです。今回は我が家のコーヒーの入れ方について書いてみました☆

皆さんの家のコーヒーはどんな入れ方をしていますか?

 

仕事は基本デスクワークなので、どうしてもコーヒーが飲みたくなります。

コーヒーに求める理想の味は程よい苦味があり、後味のスッキリとしたコーヒーです。缶コーヒーやコンビニのコーヒーでも美味しいのですが、理想のコーヒーとはやっぱり違います。

f:id:kimparatoru:20160614072806j:plain

自分のコーヒーは自分で入れる

やっぱり理想の味は自分で作るしかないです。自分で入れたコーヒーを他の人に飲んでもらった時に、「濃い」と言われることがありますがそれで良いと思います。

コーヒー豆を売る人が言っていました。「万人ウケするコーヒーなんて入れられない。」

確かに人それぞれ味覚がちがうので、すべての人に合わせた一杯は無理です。市販のコーヒーはその平均をとって作ってあるんだと思います。

コーヒーを入れることが毎日の習慣

コーヒーの入れ方にはいろいろな方法がありますが、基本さえまもればやってはいけない事なんてそんなにないと思っています。

結果的に自分の理想の味になれば良いんです☆

これが我が家のコーヒー

我が家のコーヒーの入れ方を紹介したいと思います。

f:id:kimparatoru:20160527235214j:plain

水はブリタで浄水フィルターを通したものを使用し、愛用のティファールで沸騰させます。ブリタで入れたコーヒーと水道水で入れたコーヒーの味の違いはよくわかりませんが、おいしい水には違いないのでブリタを通した水を使用しています。

f:id:kimparatoru:20160527235041j:plain

会社に持っていくための水筒はハリオのv60タンブラー。真空二重ステンレスなのである程度保温してくれます。

デスクに置いても邪魔にならない存在感がとても良いです。ただ、飲み口が若干狭すぎるのか、飲むときになかなか出てこないことがあり、一気に出てきて火傷しそうになることがあるのが注意点です。。

f:id:kimparatoru:20160527235139j:plain

豆は大抵濃いめやや濃いめの2種類が冷凍庫に保管してあり、その日の気分でどちらか選びます。

f:id:kimparatoru:20160527235345j:plain

ステンレスカップにコーヒー豆を入れ、

f:id:kimparatoru:20160527235456j:plain

タンブラーの容量にあった2杯分のコーヒー豆20gをタニタのはかりで測ります。

ちなみにこちらの商品はamazonのデジタルタイプクッキングスケールの ベストセラー1位 になっています。コスパに優れています。

f:id:kimparatoru:20160527235618j:plain

豆を挽くのは電動ミルのナイスカットミル。低速で挽くので余分な熱が豆に伝わりません。

f:id:kimparatoru:20160614072843j:plain

メモリは3と4の間の中びきです。

f:id:kimparatoru:20160528073050j:plain

ドリップに使用するのはハリオ透過コーヒードリッパーv60。スパイラル構造と一つ穴が豆の旨味を綺麗に抽出してくれます。

先ほどのタンブラー、ハリオのv60タンブラーとの相性は抜群です。

f:id:kimparatoru:20160528073205j:plain

ペーパーを綺麗に広げ、ドリッパーにセットします。

f:id:kimparatoru:20160614072916j:plain

挽いたコーヒー豆を入れ、平らにならします。

f:id:kimparatoru:20160528074153j:plain

ケトルもハリオのV60ドリップケトル ヴォーノ。この細口が美味しいコーヒーの近道かもしれません。デザインが気に入ってこれにしました。

f:id:kimparatoru:20160528073259j:plain

ティファールで沸騰したお湯をケトルへ移し、お湯の温度を適正な温度へ下げます。

f:id:kimparatoru:20160528073936j:plain

我が家のコーヒーを入れる際のお湯の温度は85度にしています。

f:id:kimparatoru:20160528073813j:plain

温度計はタニタを使用。蓋付きで収納しやすいです。

f:id:kimparatoru:20160614072945j:plain

満遍なくコーヒー豆にお湯を染み渡らせます。

f:id:kimparatoru:20160614073042j:plain

f:id:kimparatoru:20160616065339j:plain

f:id:kimparatoru:20160614073010j:plain

蒸らし時間を30秒にセットします。ダイヤル式のシンプルなタイマーを探していたら、このタイマーに出会いました。

f:id:kimparatoru:20160610234529j:plain

f:id:kimparatoru:20160614073121j:plain

ゆっくりと円を描きながらコーヒーを抽出していきます。だいたい3、4回に分けて抽出しています。

f:id:kimparatoru:20160616065447j:plain

我が家のおいしいコーヒーの完成

f:id:kimparatoru:20160616065557j:plain

ドリッパーを外すと、

f:id:kimparatoru:20160616065629j:plain

いい香りが広がります。

f:id:kimparatoru:20160616065712j:plain

f:id:kimparatoru:20160616070317j:plain

蓋を閉めたら会社へ

まとめ

我が家のコーヒーはこんな感じで入れています☆毎日美味しいコーヒーを入れるという習慣はとても良いことだと思っています。コーヒーは健康にも良いみたいですし、美味しいコーヒーを飲みながら仕事をすると、少しだけ仕事の能率が上がる気がします。

コーヒーを入れたことがないという方は、これを機に美味しいコーヒー習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

 

アイスコーヒーはこちら↓

www.kimpalife.com

 

こちらもどうぞ↓↓↓

www.kimpalife.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村