Kimpa Life

Kimpa Life キンパライフ

趣味のDIYを中心に、こだわりのあるシンプルライフを充実させていくブログです。

【スポンサーリンク】

【DIY】トリマーテーブルの必需品!安定して送り出す補助治具の作り方

f:id:kimparatoru:20210611162803j:plain

みなさんこんにちは、アトリエキンパラです。

今回作ったのは、トリマーテーブルで安定した作業をするための補助治具です。英語では、Coping Sled(コーピングスレッド)と言います。ホゾを作ったりするときに便利な治具なので、トリマーテーブルを作ったら、これもついでに作ってみてはいかがでしょうか?

今回の動画

動画でご覧になりたい方は、こちらからご覧ください。もしよかったら、高評価とチャンネル登録も是非お願いします。みなさんのDIYの参考になれば幸いです。


www.youtube.com

参考図面

図面は下の今すぐ購入ボタンより、ダウンロードできます。無料です。

 

間違いがあるかもしれませんので、参考図面として使用してください。 ※他への転載はお控えください。

ベースの加工

長穴をあける

f:id:kimparatoru:20210615131822p:plain

まずはベース部分を加工していきます。

f:id:kimparatoru:20210611162819j:plain

今回ベースに使用するのは、ラワン合板の15mmです。テーブルソーで寸法通りにカットします。

f:id:kimparatoru:20210611162826j:plain

次に長穴を開けていきます。基準となる両端の穴の中心に、錐で穴を開けます。これだけでドリルが中心に当たるので、精度がよくなります。

f:id:kimparatoru:20210611162830j:plain

ボール盤で両端を開けたら、

f:id:kimparatoru:20210611162834j:plain

トリマーテーブルにφ8のストレートビットをセットして、

f:id:kimparatoru:20210611162838j:plain

何回かに分けて、長穴を開けていきます。

f:id:kimparatoru:20210611162843j:plain

そして、15mmのストレートビットに付け替えて、同じところを掘っていきます。掘る深さは5mm程度でOKです。

f:id:kimparatoru:20210611162848j:plain

こんな感じに、同じところに大小の長穴ができました。

ネジ用の穴を開ける

f:id:kimparatoru:20210615132958p:plain

それぞれの皿ネジが入るところに穴を開けます。

f:id:kimparatoru:20210611162858j:plain

穴が空いたら、裏面から太いドリルを使って、入れる皿ネジの頭が隠れるようにテーパー状に穴を拡張します。

f:id:kimparatoru:20210611162927j:plain

M8の皿ネジの頭はかなり大きいです。これも入るように、大きめのドリルで加工します。

f:id:kimparatoru:20210611162907j:plain

こんな感じにスコヤを当ててみて、出っ張っていなければOKです。

材料押さえを作る

f:id:kimparatoru:20210615140604p:plain

材料を挟み込むためのパーツを加工します。

f:id:kimparatoru:20210611162912j:plain

押さえに使う材料は、たまに登場する硬めの木材です。松やヒノキでも特に問題ありません。雰囲気を変えたかったので。

f:id:kimparatoru:20210611162917j:plain

手押しカンナで直角に整え、自動カンナで厚みを整えます。

f:id:kimparatoru:20210611162921j:plain

ボール盤で穴を開けてネジで固定できるようにします。

位置決めカバーを作る

f:id:kimparatoru:20210615141644p:plain

位置ぎめのカバーをアクリル透明の厚み3mmで作ります。強度は十分かと思いますが、5mm厚を使った方が確実です。

f:id:kimparatoru:20210611162937j:plain

専用のカッターがありますが、テーブルソーでもアクリル板はカットできます。安全に押さえられるスティックを必ず使うことをお勧めします。

f:id:kimparatoru:20210611162941j:plain

ディスクサンダーで角にRをつけて、痛くないようにします。

f:id:kimparatoru:20210611162946j:plain

穴は、M8のネジがくるのに対して、φ10の穴を開けておけばOKです。

これでパーツが出揃いました。

補助治具を組み立てる

押さえパーツを取り付ける

f:id:kimparatoru:20210611162951j:plain

早速、組み立てていきます。まずは押さえAのパーツを、ベースに対して直角に取り付けます。下からM6皿ネジの長さ50mmを差し込み、M6ワッシャーM6ナットで固定します。

f:id:kimparatoru:20210611162955j:plain

次に押さえBを取り付けます。これは下からM6のTボルトを差し込み、上からM6蝶ナットで固定します。長穴には段差をつけてあるので、Tボルトが回らず、しっかりと固定できます。

位置決めカバーを取り付ける

f:id:kimparatoru:20210611162959j:plain

次に、高ナットを取り付けます。使用したのはM8の高ナットで、長さは50mmです。トリマーフェンスの高さにもよりますが、バランス的には40〜50mmがベストです。

f:id:kimparatoru:20210611163003j:plain

きつく締め付けて、ブレないようにします。

f:id:kimparatoru:20210611163007j:plain

位置決めカバーのアクリル板を、M8ワッシャーM8の鍋ネジの長さ15mmで取り付けます。この時点では緩めに締めておきます。

f:id:kimparatoru:20210615144202j:plain

アクリル板の位置合わせをします。治具をトリマーフェンスに軽く押し当て、その隙間と同じ幅の合板をカットし、ベースとトリマーフェンスの隙間に置きます。

f:id:kimparatoru:20210611163017j:plain

ベースを押し当てた状態で、アクリル板とトリマーフェンスに隙間が出ないように押し当てながら固定します。これでこの治具は、トリマーフェンスとの並行が取れました。

持ち手を取り付ける

f:id:kimparatoru:20210611163024j:plain

今回、治具の持ち手に使うのが、こちらのヤスリの柄(大)です。持ち手になるようなものがないかと、ホームセンターに探しに行ったら発見しました。

f:id:kimparatoru:20210611163032j:plain

ここにM6の鬼めナットを仕込みたいので、下穴をφ9で開けます。

f:id:kimparatoru:20210611163036j:plain

金具部分は取り外して、

f:id:kimparatoru:20210611163041j:plain金属にも対応した木工用ボンドを流し込み、

f:id:kimparatoru:20210611163045j:plain

M6の鬼目ナットをねじ込んで固定します。

f:id:kimparatoru:20210611163055j:plain

少し狭くなってしまいましたが、右端の方に持ち手を固定します。f:id:kimparatoru:20210611163059j:plain

左側には、扉に使うツマミを取り付けます。これは前回使用したWAKIの真鍮ツマミです。とってもかっこいい。

www.kimpalife.com

トグルクランプを取り付ける

f:id:kimparatoru:20210611163051j:plain

押さえAにはトグルクランプを取り付けます。これで上からもバッチリ押さえられます。トグルクランプは、あまり大きくなくても抑える力が結構あります。このサイズで、90kgの押さえる力があります。

トリマーテーブルで使える補助治具の完成

f:id:kimparatoru:20210611163103j:plain

これでトリマーテーブルで使える補助治具の完成です!

f:id:kimparatoru:20210611163107j:plain

早速使ってみます。手順は次の通りです↓

  1. トリマービットの高さを設定します。
  2. トリマーフェンスで削る奥行き方向の深さを設定します。
  3. 材料を治具に設置し、押さえA、Bとトグルクランプで固定します。
  4. 治具をトリマーフェンスに押し当てながら、スライドする感じで削っていきます。

f:id:kimparatoru:20210611163112j:plain

持ち手を取り付けたので、安定した作業ができます。

f:id:kimparatoru:20210611163117j:plain

こんな感じに削ることができました。こういった細長い材料のホゾ加工には、とっても便利な治具だと思います。扉を作るときに活躍してくれると思います。

みなさんもぜひ、参考にして作ってみてください。

アトリエキンパラでした。

こちらも読まれています↓

www.kimpalife.com

www.kimpalife.com

www.kimpalife.com

【スポンサーリンク】

「kimpalife.com」は、「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることによって、

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。