Kimpa Life

Kimpa Life キンパライフ

趣味のDIYやカメラを中心に、こだわりのあるシンプルライフを充実させていくブログです。

#120 折りたたみ式!延長ダイニングテーブルDIY その2

f:id:kimparatoru:20180804093019p:plain

延長ダイニングテーブルのその2です。今回は可動式の脚を作って行きます。

延長ダイニングテーブルの構造

f:id:kimparatoru:20180804095305p:plain

構造はこのような形になっていて、2箇所に可動できる蝶番を取り付けます。

材料を整材しカットする

f:id:kimparatoru:20180731155852j:plain

手押しカンナと自動カンナでヒノキの厚みを整えます。

f:id:kimparatoru:20180731155904j:plain

綺麗に整材できました。節が少ないところを選びましたが、無節とまではいきません。いつも味として捉えています。。

f:id:kimparatoru:20180731155936j:plain

テーブルソーで長さを合わせてカットします。クロスカットジグでしっかりと寸法通りにカットします。

ダボを使って脚を組み立てる

f:id:kimparatoru:20180731155946j:plain

天板の乗らない方の脚はダボで組みます。ボール盤で8φのダボ穴を開けます。

f:id:kimparatoru:20180731155957j:plain

対応する横板にも8φの穴を開けます。ボール盤では木口に穴が開けられないので、ドリルドライバーで開けました。木口に対して垂直に穴を開けるのは至難の技です。。

f:id:kimparatoru:20180731160023j:plain

8φのダボを埋め込みます。

f:id:kimparatoru:20180731160009j:plain

組み立てるとこんな感じ。

ホゾ組で脚を組み立てる

f:id:kimparatoru:20180731160033j:plain

天板の支えとなる脚はホゾ組で組み立てます。

f:id:kimparatoru:20180731160051j:plain

墨付けして、

f:id:kimparatoru:20180731160109j:plain

テーブルソー でカットしていきます。

f:id:kimparatoru:20180731160143j:plain

厚みもカットします。

f:id:kimparatoru:20180731160152j:plain

ホゾ穴を掘るために作ったホゾをあてます。

f:id:kimparatoru:20180731160203j:plain

墨付けして、中心を出し、

f:id:kimparatoru:20180731160213j:plain

ボール盤でホゾ穴を開けていきます。ボアビットで開けるとなかなか綺麗に安定した穴を開けることができます。

f:id:kimparatoru:20180731160223j:plain

ホゾは適度に角Rを取ります。

f:id:kimparatoru:20180731160234j:plain

仮組みして確認します。ピッタリとはいりました。

f:id:kimparatoru:20180731160256j:plain

見た目はあまり綺麗にできませんでしたが、今回はこの程度で。。ノミを使って調整しながらキツ過ぎない程度に削っていきますが、やっぱりノミの手入れをもう少し勉強する必要がありそうです。

f:id:kimparatoru:20180731160306j:plain

f:id:kimparatoru:20180731160316j:plain

接着にはタイトボンドを使います。

f:id:kimparatoru:20180731160345j:plain

クランプでしっかり固定します。やっぱりムラテックのパイプクランプは自立してくれるので使いやすいです。

f:id:kimparatoru:20180731160356j:plain

トリマーで角を綺麗にとっておきます。

f:id:kimparatoru:20180731160415j:plain

脚が完成です☆

次回はいよいよ完成です!今回もご覧いただきありがとうございます。

 

その1はこちらです↓

 

www.kimpalife.com