Kimpa Life

Kimpa Life キンパライフ

趣味のDIYを中心に、こだわりのあるシンプルライフを充実させていくブログです。

【スポンサーリンク】

【DIY】キッチンカウンターの収納を作ってみた!

みなさんこんにちは、アトリエキンパラです。

今回はキッチンカウンターの下の空いたスペースに収納を作って欲しいという依頼をいただきました。

昨今の新築には必ずと言って良いほどあるキッチンカウンター。みなさんは上手に使えていますか?

設置する場所

今回収納を設置する場所がこちらになります。

カウンターはタモの修正材を使われているそうです。

入口のドア近くのキッチンカウンターということで、なるべくコンパクトに収納を作りたいということです。

こんな感じに設計しました。

設計メモをいただきました。

家主の理想が引き戸だったのですが、引き戸にすると、案外奥行きが大きくなってしまうので、カウンターからかなり飛び出た家具になってしまいます。

さらに収納スペースが薄くなってしまい、あまりモノが入りません。なので、引き戸以外の提案をすることにしました。

でもこういったメモをいただけると設計のヒントになるのでとてもありがたいです。

ちなみに参考にしたのはこの画像だそうです。でもやっぱりA4は入らなそう。。

そこで僕が今回提案したのがこちらです。

一番上には車の鍵やちょっとした物が置けるスペース。

その下には、小物を収納できる引き出しが2つ。

中央には無印の棚を置きたいということで空間を設けました。

最下段には扉をつけました。引戸にすると扉2枚分の厚みになってしまいますが、これなら省スペースにできます。中にはA4のファイルが入ります。

できるだけ要望を叶えつつ、入口のドアに邪魔にならない形、尚且つカウンターから飛び出しすぎない形にしました。どうでしょう?

これでOKをもらったので早速作ります。

カウンター収納の構造

構造はこのような形にしました。

使用したのは背板と引き出し以外、全てラジアタパイン集成材です。

側板は上の部分を斜めにカットして、カウンターに合わせてあります。

側板の下の後の部分も少しだけ切り欠き、家の内装の巾木を避けるようにしてあります。

今回の家具の組み立てには、ほとんどジョイントカッターで溝を加工し、ビスケットジョイントで組み立てています。

強度も問題なく、箱物の家具にはもってこいの電動工具です。

組み立てるとこのような形になります。いい感じでしょ。

塗装について

今回の収納は、タモ材のキッチンカウンターの下に設置するということで、色にとても悩みました。

タモ材は、少しグレー?っぽい色味があるので、どうにか近づけたかったのですが実験しても似たような色にはなりませんでした。

諦めて、水性ウレタンニスのつや消しクリアで塗装しました。

結果的には、そこまで変な感じはありませんでした。色というのは難しいですね。

今回つや消しを3、4回塗りましたが、写真のように結構テカテカしています。

パイン材は柔らかいので傷に弱いです。この水性ウレタンニスは表面を固くコーティングできるので、少しの傷には強くなります。テーブルにも使える代物です。

引き出しと扉

引き出しの材料には加工がしやすい桐を使っています。数年前までは、桐の集成材というものが近くのホームセンターに無く、似たような材料のファルカタ集成材を使っていました。

引き出しは、スライドレールにして開け閉めしやすくしました。

ローラータイプのレールもありますが、個人的にはやっぱりこっちの方が使いやすくて好きです。

今回、家具を設置する場所が入口のドアの真横ということで、腕や脚が引っかかるような取手を使うのをやめました。

代わりにトリマーで少し表面板の底を加工して、指が引っかかるようにしてみました。

これなら取手が邪魔になりません。

扉も同様に加工してあります。あまり多く開け閉めする場所でもないので、このくらいがちょうど良いのかもしれません。

扉には、スライド蝶番を使用しました。

このスライド蝶番はゆっくり閉まる機能がついているので、閉めるときにバンっとデカい音が鳴りません。こレはディグラムさんでセット買いで割と安く購入してみました。

digram.jp

ただ、分解ができないタイプのスライド蝶番だったので、扉の組み立てが面倒でした。。次回はしっかり説明を読んでから購入しようと思います。製品としては全く問題ありません。

扉の中には棚板も付けておきました。

このダボ穴を開けるのには、マイルズクラフトのキャビネットメイトを使っています。

5mmのダボ穴が均等に開けられるのでとても便利です。

キッチンカウンター収納の設置完了!

キッチンカウンターに設置するとこんな感じになります。とっても使いやすそうですよね。

形もピッタリオーダーメイド。入口に対して圧迫感もそんなになく仕上がりました。

やっぱり取手を無くしたことが良かったのかもしれません。

収納としての役割もしっかり果たせています。これだけのモノの収納を他の市販の家具でやろうと思うと、、どうしたら良いのでしょう。ここまでキッチンカウンターに同化した?家具はなかなか探しても見当たらないと思います。

まとめ

オーダーで寸法通りに作るとすごくスッキリして、作り付けの家具のようにも見えて気持ちがいいです。

これなら長く使ってもらえそうですね。

家主にもとっても喜んでもらえました。ついでにベッドサイドに置くナイトテーブルも今度頼まれました。また喜んでもらえるように頑張って作りたいと思います。

アトリエキンパラでした。

【スポンサーリンク】

「kimpalife.com」は、「amazon.co.jp」を宣伝しリンクすることによって、

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。