Kimpa Life

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kimpa Life キンパライフ

趣味のカメラやDIYを中心に、こだわりのあるシンプルライフを充実させていくブログです。

懐かしかわいい☆昔の小学校で使われていたような小さな椅子をDIY!

f:id:kimparatoru:20170201231247p:plain

こんにちは、日曜日はアトリエで過ごしがちのキンパラです。今回は、昔の小学校で使われていたような古い椅子を「ほぞつぎ」という接合方法でDIYしてみました!

 椅子の図面はこちら

f:id:kimparatoru:20170204005121p:plain

椅子はだいたいこのような寸法感で作りました。サイズは少し小ぶりで可愛らしい感じです。あくまで参考にどうぞ。

f:id:kimparatoru:20170201000552j:plain

鑿を使用する

f:id:kimparatoru:20170201000656j:plain

今回の『ほぞつぎ』には、こちらの鑿(のみ)を使用します。もともとあったものを砥石で研いで使いました。砥石はamazonでも評価が高い、シャプトンの「刃の黒幕オレンジ#1000」を使用しました。もともと包丁用の砥石として購入し使っていました。

ノミの研ぎ方はネットにたくさん載っているので、そちらを参考にしました。研ぐのと研がないのとでは大違いです。

ほぞとほぞ穴を作る

f:id:kimparatoru:20170201000622j:plain

図面を元に、鉛筆で『ほぞ』と『ほぞ穴』がくる部分にマークをし、ノミと金槌で掘っていきます。ほぞの部分に関しては、自作したトリマーテーブルを使って作りました。

トリマーテーブルを作って本当に良かったと思います。これからも便利なジグが作れたらいいなと思います。

www.kimpalife.com

多少ほぞ穴を掘り過ぎたりした部分もありますが、入れば大丈夫です。。ほぞ穴の幅ですが、ノミの幅に合わせて9mmで掘りました。

できたパーツは綺麗にサンダーで磨き、綺麗に仕上げておきます。

f:id:kimparatoru:20170201000935j:plain

ほぞを作るにあたり、今回新たにノコギリを新調しました。今まで使っていたものは所々刃が欠けていて切りにくかったので、評価が高めのこちらのゼットソーを購入しました。

f:id:kimparatoru:20170201001013j:plain

替え刃式になっているので、刃が悪くなったら簡単に付け替えることができます。刃の種類もいくつかあり、用途によっても変えられます。やっぱり新しいノコギリはよく切れます。

椅子を組み立てる

f:id:kimparatoru:20170201001100j:plain

木工用ボンドをほぞ穴に流し込み、それぞれのパーツをプラスチックハンマーで叩き入れて組み立てます。あて木をして、金槌で叩いても大丈夫です。全部のパーツを組み立てたらクランプで押さえつけて圧着します。

座面は最後に裏からネジ止めしました。

見た目的には、なかなか可愛らしい形に組み上がりました!背もたれの位置は、、もう少し上でもよかったかもしれません。。次に作る時は修正します。

ワトコオイルのダークウォールナットでオイルステイン塗装

f:id:kimparatoru:20170201001157j:plain

組み立て後、お馴染みのワトコオイルでオイルステイン塗装をします。今回の椅子は、古い感じにしたかったので、暗めのダークウォールナットを選びました。

その後ブライワックスのクリアを塗り、さらに表面を保護しました。

ワトコオイルとの相性は抜群です!なかなか良い風合になりました。

まとめ

今回の古い小学校の椅子はいかがでしたでしょうか?自分的には満足のいく物が出来た気がします。

しかし今回のDIYで、改善点もかなりでてきました。。例えば、材料の歪みや細かい切断、、素人レベルでは少しの歪みは気にならないかもしれません。しかし、そろそろ初心者を卒業し、中級者になりたいと思っています。少しずつ、自分の納得がいく木工が出来たら良いなと思います。

 

今回もkimpalifeのご観覧ありがとうございます。また見てください!

 

こちらもオススメです↓↓↓↓↓

 

www.kimpalife.com

www.kimpalife.com

www.kimpalife.com

にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ
にほんブログ村