Kimpa Life

Kimpa Life キンパライフ

趣味のDIYやカメラを中心に、こだわりのあるシンプルライフを充実させていくブログです。

#146 超便利なポケットホールジグシステムを作ってみた

f:id:kimparatoru:20190928154535p:plain

みなさんこんにちは、アトリエキンパラのキンパラです。

今回はクレッグジグがどうしても欲しくなったけど、高くて手が出なかったので、以前購入して使っているミニクレッグジグを利用して超便利なポケットホールジグシステムを作っていきたいと思います。

ミニ・クレッグジグ

f:id:kimparatoru:20190923145552p:plain

ミニクレッグジグは穴が一つだけの比較的安価なポケットホールジグです。ポケットホールを開けたい材料に固定して使うのですが、多くの箇所を穴あけする場合にはなかなか手間がかかってしまいます。。

www.kimpalife.com

そこで、クレッグジグ4やARMOR TOOLのAUTO-JIG(オートジグ)のようなシステムを製作して効率よく穴あけができるようにしていきます。

オートジグは一回使ってみたいので、購入しようか本気で迷いましたが、高いのでやっぱりやめました。

参考動画


Amazing!! Pocket Hole Jig System

今回のポケットホールジグの製作はJSK-koubouさんの動画を参考にしています。図面も販売されているみたいなのでそちらを参考にすると作りやすいかもしれません。

クレッグジグミニをすでに持っている方、またはちょっと楽に作りたい方はこちらの動画を参考にしてみてください↓↓↓↓↓↓↓


Make a pocket hole jig station/ポケットホール治具を作る

ポケットホールジグの作り方

ポケットホールジグの作り方を動画から抜粋して記事にしています。参考になれば幸いです。

背板に穴をあける

f:id:kimparatoru:20190923145604p:plain

背板になる部分にボール盤で穴を開けていきます。この穴は集塵用で、穴の径はカクダイの排水用ホースの径に合わせて開けています。材料はランバーコア合板の15mmです。

固定枠を作る

f:id:kimparatoru:20190923145614p:plain

クレッグジグミニを固定する枠の材料には、適当な無垢材と合板を使います。直角が出るように手押しカンナと自動カンナで削っていきます。

f:id:kimparatoru:20190923145629p:plain

ミニクレッグジグを挟むような形にタイトボンドで固定します。

枠にクレッグジグミニを接着する

f:id:kimparatoru:20190923145645p:plain

枠との固定にはJBウェルドのエポキシ強力接着剤を使います。2液タイプなのでよく混ぜます。

f:id:kimparatoru:20190923145657p:plain

結構たっぷり塗りました。

f:id:kimparatoru:20190923145710p:plain

枠に取り付けます。

側板を加工する

f:id:kimparatoru:20190923145724p:plain

側板に長穴を開けます。ボール盤で穴を直線上に開けます。

f:id:kimparatoru:20190923145748p:plain

その後トリマーテーブルで長穴を開けていきます。

www.kimpalife.com

f:id:kimparatoru:20190923145810p:plain

側板の後ろ側は斜めにカットしたいので、テーブルソーのジグにトグルクランプを取り付けて、側板を固定できるようにしました。

f:id:kimparatoru:20190923145818p:plain

綺麗に斜めカットができました。

接着できたミニクレッグジグの加工

f:id:kimparatoru:20190923145922p:plain

ミニクレッグジグと枠が接着できたら、側面に穴を開けます。

f:id:kimparatoru:20190923145932p:plain

ボール盤で鬼目ナットが入る深さまで穴あけします。

f:id:kimparatoru:20190923145949p:plain

先ほどのJBウェルドを塗り、鬼目ナットを取り付けます。

本体を組み立てる

f:id:kimparatoru:20190923150003p:plain

背板は2枚重ねて厚みを出します。

f:id:kimparatoru:20190923150012p:plain

側板をタイトボンドで接着して、

f:id:kimparatoru:20190923150022p:plain

フィニッシュネイラーで固定します。

f:id:kimparatoru:20190923150035p:plain

ぴったりすぎ、むしろ入らなかったので、

f:id:kimparatoru:20190923150052p:plain

サンダーで側面を削って微調整します。

f:id:kimparatoru:20190923150107p:plain

無理なく入る程度にしました。つまみネジで側面を両サイドから固定します。

f:id:kimparatoru:20190923150319p:plain

本体をベースの板に取り付けます。

横押し型トグルクランプの調整

f:id:kimparatoru:20190923150119p:plain

購入した横押し型トグルクランプの高ナットが少し短かったので、長いものと交換しました。

f:id:kimparatoru:20190923150127p:plain

位置を調整します。挟むことのできる材料の厚みはだいたい15mmから45mmくらいにしました。

超便利なポケットホールジグシステムを使ってみた

f:id:kimparatoru:20190923150334p:plain

最初に材料の厚みに合わせてトグルクランプを調整します。

f:id:kimparatoru:20190923150339p:plain

次につまみネジを緩め、高さを調整してドリルの中心が材料の中心にくるように調整します。

そレからドリルの高さを調整します。

f:id:kimparatoru:20190923150344p:plain

集塵機に繋がったホースを背板に取り付けます。

f:id:kimparatoru:20190923150349p:plain

実際にポケットホールを開けていきます。

f:id:kimparatoru:20190923150359p:plain

使用するネジは鍋ネジのように頭の裏が平な方が固定力があると思いますが、良いものが見つからなかったので皿ネジで妥協しました。

クレッグジグ専用のネジはamazonでも購入できますが、ホームセンターに売っているものには同じようなものは見当たりません。。

f:id:kimparatoru:20190923150405p:plain

固定はとっても簡単!皿ネジでも固定力はバッチリです。もちろん表にネジのあとが残りません。

f:id:kimparatoru:20190923150408p:plain

これで、今までよりも2、3倍早くポケットホールをあけることができるようになりました!

これからのDIYの必需品になるかもしれません。

みなさんもぜひ作ってみてください。やる気さえあれば、簡単に作ることができると思います。

 

いつもこのブログを見ていただきありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

 

こちらも読まれています↓↓↓↓↓↓↓

www.kimpalife.com

www.kimpalife.com

www.kimpalife.com